私が注文住宅を建てて住んでからしみじみと思った一戸建てのメリットは、「安眠できる静かさを手に入れた!!」ということでした。寮に住んでいた時、その建物の防音がなっていなくてかなりの薄さでした。謎だったのは、左隣の部屋から聞こえてくる音はかなり大きいのに、右隣の部屋からの音はほとんど気にならない程度だったことです。左の部屋からの目覚ましで私が起きるとか、会話が聞こえるというほどの音漏れにはびっくりしました。でもまた引っ越しをするのは面倒だということから、隣人にそれを伝えて静かにしてもらえるよう頼んだことがあります。パリピだったのでパーティーを控えるよう言いました。

そんな経験があったこともあり、マンションやアパート、寮とは違う一戸建ての良さには感激しました。いつも音に悩まされずに寝られることがありがたく、健康被害もない生活はどれだけありがたいことか!これが今では普通の暮らしになったので、これからはマンションに住めないなと思いました。本当に静かで、雨が降っている日なんかはまさしく読書に向いているような情緒のある雰囲気になります。隣人は選べないと言いますが、ラッキーなことに隣近所もうるさい人はいません。我が家は昼間に家にいないため、ご近所づきあいがあまりできていないのですが物静かな人たちのように思います。

防音がしっかりしている家というのは家族間での生活音も大きくないです。私は家に誰もない時、ご近所の迷惑にならないようウォークインクローゼットで一人カラオケをすることがあります。動画を見ながら歌うのですが、外に音が漏れ出ないので結構楽しいです。さすがにその階にいる家族には聞こえてしまうようですが。カラオケルームをわざわざ作らなくても良いのです。暮らしに静かさを求めるのであれば、見えない部分ですがだからこそ注意して防音に取り組まなければならないと思いました。断熱材の厚みがあるほど防音にもなります。

PR|注文住宅のための用語集|AGAお悩み相談.com|英会話ノウハウ勉強会|女性のための薄毛治療研究会|AGAでお悩み解決|美容と健康女性ランキング|マッサージのリアル口コミ.com|内職 アルバイト|健康マニアによる無病ライフ|工務店向け集客ノウハウ|クレジットカードの即日発行じゃけん|お家の見直ししま専科|英語上達の秘訣|